バラ

いつも待合室には綺麗なお花が活けてあります。
スタッフが準備・・・ではなく、お花屋さんに直接来ていただいて毎週お任せで活けていただいています。
いつも珍しいお花を入れてくださるので、何人かのお客様は造花と思われていたようです(*^_^*)
そんな素敵なお花、今週は「バラ」でした。
バラと言えば、スタッフでもバラの香り愛好者がいるくらい人気のあるお花ですが、
なぜ、バラが人気があるのか。
バラの香りの主成分は、ゲラニオール、シトロネロールなどのアルコール類が中心なのですが、
近年注目されている「ティーローズエレメント(ジメトキシメチルベンゼン)」には高い鎮静効果があるとされています。
リラックスできる香りというとラベンダーがよく知られていますが、そのラベンダーと比べても3~4倍も高い鎮静効果があるのだとか。
このティーローズエレメントは、香料によく使われるブルガリアンローズなどのダマスク系や日本原産のバラには含まれておらず、品種改良された現代バラ、ティー系のバラに含まれている成分です。
リラックスすることでストレスも和らぎ、間接的に肌への美容効果にもつながるそうです。
飾って楽しむのも良いし、お化粧品にバラが入ったものを使うのも良いですね(^v^)
P1130828.jpg

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です